ヨガインストラクターになるには?(仕事・就職・収入)

当校卒業後の進路について様々なケースをご紹介します。
卒業後は全米ヨガアライアンス資格の認定とエクロールヨガインストラクターへの登録が可能です。

スポーツクラブやヨガスタジオに就職する際のオーディションを受ける方やフリーのインストラクターで活躍される場合、ご自身の学んだ時間を証明する意味でも資格取得は有効です。
ヨガアライアンスRYT200は国際的に信頼のある資格であり、例えばRYT200でしたら200時間学んでこられた実績が明確になります。カリキュラムも厳しい審査を通過した国際レベルの信頼できるものです。

また、当校は就職率が非常に高いヨガスクールです。
例えば、仕事をしながら週末にヨガインストラクターとして働く方、家事や育児の合間にコミュニティ―などで指導される方などたくさんのケースがあります。
資格を取得しただけではやはり、すぐに沢山の生徒さんを持つヨガインストラクターになれるわけではありません。
地道に指導経験を積み、なおかつ卒業後も定期的に日々のヨガの学びが必要です。
ヨガインストラクターは増えてきていますが、その中でもご自身の強みを活かして活躍できるヨガインストラクターとして養成するエクロールヨガのシステムやカリキュラムは定評があります。

気になるヨガのお仕事についてですが、正社員としてインストラクターをするなら月収18万円くらいから。店長業務などを任されるようになれば数万円の手当がつくこともあるでしょう。時間給で決められたレッスンを担当する場合は集客力や技術によりフィーが変わる場合もあります。スポットで働く場合は1レッスンで2000円~7000円くらい。ご自身で教室を開いたり独立開業される場合生徒さんお一人につき500円~2000円、ご自身での設定となります。依頼に応じてクラス指導をしたり、出張指導をする方もいらっしゃいます。ライフスタイルに合わせて働けるのがヨガインストラクターという仕事の良さです。