ヨガ資格の種類とヨガアライアンス

ヨガインストラクターになるための国家資格は現在ありません。
バレエの先生、ピアノの先生、お花の先生などと同じく、いくつかある団体の認定を受け、認定、修了という形を経て指導を開始するのがポピュラーです。

ヨガの経験を積みヨガの知識を持ち、それをアウトプットすることができるなら、どなたでもヨガインストラクターとして活動できるのが現状です。

ヨガインストラクター養成講座やティーチャートレーニングコースを受けなくてもヨガを教えることは可能です。

生徒さんが集まりヨガクラスを始めることができた時点でヨガインストラクターと呼ばれることでしょう。

しかし多くのヨガ指導者の方は、ヨガスクールで開講されているヨガインストラクター養成講座やヨガテーチャートレーニングと呼ばれるコースを受講することで自信を持ってヨガクラスを指導できるよう学ばれているのも事実です。

ヨガスクールで学んだ知識はもちろん、ご自身の練習経験を元にヨガ指導を少しずつ初めて、ヨガインストラクター、ヨガ指導者として活躍されています。

ご自身がどのようなヨガインストラクターになりたいのか、どのようなことをヨガインストラクター養成講座やティーチャートレーニングで学びたいのかによってヨガスクールを選択する必要があるでしょう。

全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクター養成講座やティーチャートレーニングは日本でも人気や信頼が高く、現在活躍する多くのヨガインストラクターが保有している認定資格です。

またヨガインストラクターとして活躍中の方も更なるスキルアップとして講座を受講されています。

講座は通いながら取得する方法と合宿などにより短期集中で取得する方法の二通り、カリキュラムなどの内容もスクールや流派ごとに違います。
ヨガの資格の種類も様々でヨガインストラクター志望者の方が悩まれるお気持ちもとてもよく分かります。

やはり何を学びたいのか、どのようなヨガインストラクターになりたいのか、という点がヨガ資格やスクールを選ぶ上でも重要になってくるでしょう。
エクロールヨガで認定を受けられるのは全米ヨガアライアンスのRYT200(200時間)やRCYT(キッズヨガ)です。

エクロールヨガ卒業時には心身共に安全にヨガを指導できる自信をつけていただき認定や資格がなくとも教えられるようなスキルや知識は身に着けていただいていますが、オーディションや就職の際、また新しく出逢う生徒さんに対して、卒業生の実力を初対面の方にも一目でお伝えできる信頼性の一つとして全米ヨガアライアンス認定RYT200RCYTを設けております。

 

ヨガ資格取得について、全米ヨガアライアンス認定、ヨガインストラクター養成講座について、よくあるご質問