癒しの離島でヨガ資格
 

ヨガ資格の種類とヨガアライアンス

ヨガインストラクターになるための国家資格は現在ありません。
バレエの先生、ピアノの先生、お花の先生などと同じく、いくつかある団体の認定を受け、認定、修了という形を経て指導を開始するのがポピュラーです。

ヨガの経験を積みヨガの知識を持ち、それをアウトプットすることができるなら、どなたでもヨガインストラクターとして活動できるのが現状です。

ヨガインストラクター養成講座やティーチャートレーニングコースを受けなくてもヨガを教えることは可能です。

生徒さんが集まりヨガクラスを始めることができた時点でヨガインストラクターと呼ばれることでしょう。

しかし多くのヨガ指導者の方は、ヨガスクールで開講されているヨガインストラクター養成講座やヨガテーチャートレーニングと呼ばれるコースを受講することで自信を持ってヨガクラスを指導できるよう学ばれているのも事実です。

ヨガスクールで学んだ知識はもちろん、ご自身の練習経験を元にヨガ指導を少しずつ初めて、ヨガインストラクター、ヨガ指導者として活躍されています。

ご自身がどのようなヨガインストラクターになりたいのか、どのようなことをヨガインストラクター養成講座やティーチャートレーニングで学びたいのかによってヨガスクールを選択する必要があるでしょう。

全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクター養成講座やティーチャートレーニングは日本でも人気や信頼が高く、現在活躍する多くのヨガインストラクターが保有している認定資格です。

またヨガインストラクターとして活躍中の方も更なるスキルアップとして講座を受講されています。

講座は通いながら取得する方法と合宿などにより短期集中で取得する方法の二通り、カリキュラムなどの内容もスクールや流派ごとに違います。
ヨガの資格の種類も様々でヨガインストラクター志望者の方が悩まれるお気持ちもとてもよく分かります。

やはり何を学びたいのか、どのようなヨガインストラクターになりたいのか、という点がヨガ資格やスクールを選ぶ上でも重要になってくるでしょう。
エクロールヨガで認定を受けられるのは全米ヨガアライアンスのRYT200(200時間)やRCYT(キッズヨガ)です。

エクロールヨガ卒業時には心身共に安全にヨガを指導できる自信をつけていただき認定や資格がなくとも教えられるようなスキルや知識は身に着けていただいていますが、オーディションや就職の際、また新しく出逢う生徒さんに対して、卒業生の実力を初対面の方にも一目でお伝えできる信頼性の一つとして全米ヨガアライアンス認定RYT200RCYTを設けております。

 

ヨガ資格取得について、全米ヨガアライアンス認定、ヨガインストラクター養成講座について、よくあるご質問

 

 

 

エクロールヨガスクールについて

みなさま、こんにちは。
ECLORE YOGAのサイトをご覧いただきありがとうございます。
スクールディレクターの花井美紅です。
私は、小さい頃からピアノやバレエまた声楽などの様々なお稽古に通いました。 大人になってから始めたお料理やお菓子のお教室も大好きですし、乗馬やアカデミックなセミナーに参加することもあります。
たくさんのお稽古ごとをしていますが、その中でもヨガは今では特別な存在となりました。
お稽古に行くと、その後の生活で色々な見方が変わったり楽しみが増えたり発見があったりするものです。 共通の趣味のお友達ができることもありますよね。
特にヨガは、人の魅力を増す力、生活を味わい深くする力があるように思います。
ECLOREとはフランス語で「花開く」「芽吹く」という意味ですが、みなさんがヨガとの出逢いで美しく輝けるお手伝いをするような素敵なスクールになれたらと思っております。
このスクールは、全米ヨガアライアンスの養成講座に在校中、私のコミュニティレッスンを受けて「また、このレッスンを受けたい!」と言ってくださった一人の女性の気持ちから始めたものです。
それから、一人、また一人とレッスンを受けたいと言ってくださる方が増え、やがてスクールとなりました。 そのような形で、流れに導かれるように出来上がったものでしたので、ここに自分の役割があると信じ少しずつですが歩みを進めて行くことができたのだと思います。
今まで、進む道を一生懸命に応援してくださり、大きな夢を語る時もきっとできると信じていてくださった先生方、たくさんの友人、家族、そして大切なスクールの生徒さんたち。 その方々が教えてくださったことを、私は、今、このスクールでお伝えしています。 私にできる、ただ一つのこと、それは、私を育ててくださった沢山の方々がそうしてくださったこと。
もしかしたら、今、あなたは、自分には魅力がない、何も素晴らしいものがないと思ってらっしゃるかもしれません。
でも、もし、あなたを信じ続けてくれる人がいたなら、あなたに授けられた本当の美しさ、魅力を見つけ出すことができると思うのです。
私や、私たちのスクールが、あなたにとってその様な存在になることができたら嬉しいのです。 あなたの気持ちの中に「もっと素敵になりたい」「美しくなりたい」「変わりたい」そのような想いがあるのなら、もうすぐきっと素晴らしい変化を、ヨガがもたらしてくれるはず。
私は、あなたと一緒に歩んでいく仲間です。 一緒にヨガインストラクターライフを楽しみませんか?
このスクールを開校する機会を与えていただいた幸運に、いつも支えてくださる全ての方に、毎日の幸せを支えてくださる全てに…心から、ありがとうの気持ちをお伝えしたいです。
そして私たちに出会ってくださったあなたに、感謝の気持ちでいっぱいです。

またどこかでお会いできますように・・・

Namaste,Miku

ヨガのある生き方

庭の枯山水を見ていると、心が落ち着き自然と静を味わう姿勢に。
日本人の本来持っている気質や精神性との繋がりを感じます。
砂紋や石で水の流れや動き、さらには島や山を表現。白い砂と石の作るアーティスティックな世界。
石と砂紋の配置で、実際には存在しないものを感じとる、感覚の世界。
観る方にも、ある感覚や意識が要求されるアート。
静かに佇む。
沈黙の時間、そして静が似合う。
観るひとそれぞれが、それぞれの世界観で感じられる。

 

ある程度の決まりごとは持ち、さまざまな見方を堪能。ヨガと同じく奥深い魅力に引き込まれる。
そこにないものまでも五感を使って読み取る。
独特な感性をはたらかせるのに長けている日本人が作った静のアート。
目立たないけれど、実は誰もが携えていて、誇りに思うべき気質。
砂紋の素朴さ、規則的な整然としたライン。
まるで意志があるかのような流れ。
体をアートだと考えてみたら、アサナ(ヨガの姿勢)に意志が見えて、自分をどう表現していくのか、気付きが得られる。
あなたがヨガで魅力的に変化を遂げる理由。
しっかり心に落ちるほどではないとしても、ヨガに出会った時なにか変わります。
生み出す力、新しい愉しみを教えてくれる。
自分のことを額縁におさめられた絵のように眺めたり。
景色をきりとるように人生を観たり。
違う視点の学びを得るところが枯山水とヨガの繋がりに思える。
白い砂と、大小様々な石で魅せる、うねり、まっすぐな線、打ち寄せる大波、渦、三尊石組、石橋、滝石組。
実際の景色の模写と石の組み合わせによる抽象的な空間構成、それが枯山水の愉しみだとしたら、ヨガは、身体と人生とを繋いだ上でのアート。

私たちは生きるだけで立派なアーティストだから。

 

 

自分を自由に美しく表現してほしい。

ヨガがそうしてくれるのだと思います。

ヨガと自分の色

みなさま、こんにちは。
スクールサブディレクターの鈴木一平です。
今みなさんの画用紙はどんな色をしていますか?
ヨガと出会う前、僕の画用紙はくすんだ白色をしていました。
秋田県の小さな田舎町で、真っ白な画用紙を持って生まれ育ちました。
しかし上京して歳を重ねるうちに、その綺麗な画用紙がだんだんくすんだ色へと変化していたのです。
そして自分の画用紙はこれからどんな色になっていくのだろう…という不安がどんどん大きくなっていきました。
理想の色ではなく、まったく輝いていない。
それどころかこれからどんどん色が混ざって、もう何色かもわからなくなるのではないかという不安。
そんなとき、ヨガと出会いました。
偶然とか必然とか、そんなのはどうでもよく、もがいていた手にすっと優しく当たった感じでした。
ヨガは僕の画用紙をまた綺麗で真っ白な色に戻してくれました。
決して新しい画用紙ではなく、今まで大事にしてきたモノのまま、また真っ白に。
それだけではなく、何色にでも変化出来る絵の具も与えてくれたのです。
ヨガは自分本来のあるべき姿を教えてくれ、
そこへと導いてくれます。
そして何色にでもなれる可能性を与えてくれて、自分らしいオリジナルの色が見つかります。
その色には柔軟性があり、どんな場所、どんな状況でも輝きを放ちます。
例えその色がくすんだとしても、またそこが味のある色へと変化します。
また真っ白に戻す事だって出来るでしょう。
自分の色に自信がつくと、周りの見える景色もどんどん色濃く鮮明になっていきます。
空がもっと青く、草木がもっと緑に…
そんなカラフルな世界をみなさんにも体感してほしいと思います。
今みなさんの画用紙はどんな色をしていますか?

ヨガインストラクターの仕事について

ヨガインストラクターの仕事内容

ヨガの実践法(アーサナ、呼吸法)を教える

ヨガインストラクターの仕事は主にポーズ(アーサナ)を教えることや呼吸法、瞑想の誘導などです。
ヨガスクール、ヨガスタジオ、ヨガ教室でのグループレッスンやマンツーマンのパーソナルレッスンが有ります。
正しいポーズを安全に指導するには解剖学的な詳しい知識や分かりやすい指導法を学んでおく必要があります。

インド発祥の古典ヨガにフィットネスの要素や医学、美容など様々な要素を取り入れ、発展してきた歴史があります。

ヨガにはたくさんの種類や流派がありますが、1990年頃のアメリカでモデル、セレブ、ハリウッドスターから流行しました。

日本では2000年ごろから広まり、現在は女性を中心に人気があります。
心のバランスを整え、健康、ストレスの解消、美容、ダイエット、体の歪みの矯正などを目的として幅広いニーズで行われています。
修行目的の古典ヨガを知り、現代にマッチしたヨガを提供できるヨガインストラクターになることが求められています。

ヨガインストラクターの仕事場

・ヨガスクール
・ヨガスタジオ
・ヨガ教室
・スポーツジム
・フィットネスクラブ
・カルチャースクール
・パーソナル(個人の自宅など)
・高齢者施設
・保育園
・幼稚園
・学校

教室やスクールで教えるだけでなく、自宅教室、オフィスなどにて出張を行うヨガインストラクターも存在します。

ヨガインストラクターの指導法

ヨガクラスのシークエンス(流れ)を作ります。
対象者や人数、目的は何か?クラス時間は?生徒さんの身体的なレベルは?体力や柔軟性はどれくらい?
生徒さんに合わせた難易度や指導の流れを考えクラス内容を考えます。
クラス時間は指導される施設により様々で、30分〜90分のものがあります。
挨拶やヨガの視点から見た季節のお話や、場合によってはインド哲学、ヨガの意味、ヨガ的な生き方などについても話しをすることもあります。
そのため、ヨガインストラクターのヨガ以外の知識や経験、ライフスタイルなどすべてがヨガ指導にとって活かされていきます。
スタジオの雰囲気、空気をヨガを始める状態に整えたり、生徒さんの緊張をほどいたり呼吸を整えて落ち着きのある集中できる空間づくりも仕事の一つです。
呼吸法やウォーミングアップからヨガポーズへ進んでいきます。
生徒さんの間を動き回り、デモンストレーションをしたり声をかけたり、ポーズをアジャストしたり、安全に楽しくヨガをリードしていきます。
最後の5分~15分は、「シャバーサナ」というリラックスポーズで全身を緩めて終わるのが一般的です。
ヨガクラスの指導で大切なのは、やはり生徒さんに怪我をさせないことです。
一人一人の体調や精神状態、体力や柔軟性に気を配り、無理をさせないことが大切です。
正しいポーズ、呼吸法、シークエンスの作り方などヨガスクールでしっかりと学んでいけば、ヨガインストラクターになることも夢ではありません。
2015年、ぜひチャレンジしてみませんか?

私共も一生懸命サポートさせていただきます!!