ヨガインストラクターの資格は必要?

ヨガインストラクターを目指すには、ヨガインストラクター養成講座で学び資格を取得するという方法、独学で学ぶ方法、師匠となる先生に弟子入りのような形で学ぶ方法が考えられます。

当校ではしっかり専門スクールで学び、資格取得し、生徒さんに信頼されるヨガインストラクターを目指す方法をベストだと考え、養成講座として提供しています。

また全米ヨガアライアンスRYT200を主に開催している理由としては、生徒さんの安全をサポートしながら指導を行う面で最低限200時間以上のトレーニングは必要不可欠であると考えているからです。

現在、日本ではヨガインストラクターの国家資格はありません。そのため国家資格がなくてもヨガインストラクターを名乗り仕事をすることは可能です。

ですが、無資格でいるよりも初対面の生徒さんからの信頼関係を築く上で200時間や500時間のトレーニングを受講し終えた証明があるのは大変有効だと感じています。

生徒さんが良いヨガインストラクターを探す上で指針となるのはヨガインストラクターのプロフィールや写真、資格の種類などになります。

RYT200の資格のあるインストラクターであれば、解剖生理学、歴史哲学、呼吸法、瞑想法、アーサナ(ポーズ)など幅広くバランスよく学んできた証を記すことができます。

多くの生徒さんに選ばれるヨガインストラクターになるには、バランスよく学んでいることは非常に重要で、さらに適切に判断ができる知識を持っていることは大きな武器になるでしょう。

■ヨガインストラクターになるための有利な資格について

□エクロールヨガで取得できる、ヨガインストラクターの資格
全米ヨガアライアンス協会認定 RYT200RYT500、RCYT、RCYP
国際ヨガアート協会認定 ヨガアートプラクティショナー、ヨガアートインストラクター認定資格

□どんな資格?
・全米ヨガアライアンス協会とは
全米ヨガアライアンス協会は、1980年代にアメリカで誕生した世界で最も認知されている非営利団体の組織です。
全米ヨガアライアンスは、国際ライセンスとも言うべき位置づけとなっています。
同協会は、ヨガインストラクターの育成や認定講師のレベルアップを目指し、授業時間、内容、指導者のレベルなどの基準を定めています。
全米ヨガアライアンス協会は、1980年代にアメリカで誕生した世界で最も認知されている非営利団体の組織です。
全米ヨガアライアンスは、国際ライセンスとも言うべき位置づけとなっています。
同協会は、ヨガインストラクターの育成や認定講師のレベルアップを目指し、授業時間、内容、指導者のレベルなどの基準を定めています。
・国際ヨガアート協会とは
ヨガアート®(YogaArt)はヨガとアートを融合させたハタヨガの流派です。
ヨガアートの世界的な普及を目指し一人でも多くの方にヨガアートを届けることを目的としている協会です。
ヨガアートとは、3つの原則を用い「身体の自然な動き」と「心の調和」を目指し整えるヨガ。原則を知ることで、ヨガ教室に通えない時も質の高いセルフケアが可能になります。

□資格の活かし方
開業、フリーランスインストラクター、ご自宅でヨガ教室開業、ヨガスタジオに就職、飲食店などとコラボなど、ヨガ資格の活かし方は様々です。
エクロールヨガでは個人面談にて、一人一人にあった働き方への具体的なアドバイスを行っています。
またヨガアート認定講座では、ヨガインストラクターとして生徒さんのニーズや目的に対して的確な効果を提供できるプロの指導者を育成することを目的としています。
解剖生理学や物理学的視点をもって、生徒さんへのシークエンス設計やクラス実施を行えるようになります。
ヨガインストラクターとして就職はもちろんですがエクロールヨガではフリーランスや独立開業してヨガインストラクターとして活躍されている方も多く存在しています。

□資格取得で学べる知識
全米ヨガアライアンスRYT200では、ヨガインストラクターになるための基礎編として全てのカテゴリーをバランスよく学び、土台を構築するための知識を学び、ヨガアート認定講座ではさらに「身体に関する専門的な知識」「指導に不可欠な実践的技術」「ビジネススキル・法律」「コミュニケーション能力」など、より活躍できる指導者を目指し幅広く学ぶことができます。