RYT500とは?

RYT500認定ヨガインストラクター養成講座とは?

 

全米ヨガアライアンスとは

全米ヨガアライアンス協会は、1990年代にアメリカで誕生した世界で最も認知されている非営利団体の組織です。
全米ヨガアライアンスは世界で一番知名度の高いヨガ協会と言われています。
今では全米ヨガアライアンスは、国際ライセンスとも言うべき位置づけとなっています。

同協会は、ヨガインストラクターの育成や認定講師のレベルアップを目指し、授業時間、内容、指導者のレベルなどの基準を定めています。一定の水準を満たすヨガインストラクターを育成するため、RYT(Registered Yoga Teacher:登録ヨガティーチャー)の仕組み作りをしています。

ヨガの伝統を守りながらも現代に合う多様なヨガスタイルの向上や指導レベルの高いヨガインストラクターの育成などを通し、安全なヨガを世の中に広めるための活動をしているのです。

また、世界には約7,000を超える全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクター養成スクールが存在し、70カ国以上で通用する国際的なヨガの資格を発行する団体として歴史を刻んでいます。

現在、全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクター養成スクールで学んだ10万人以上のヨガインストラクターが登録をしています。

ヨガインストラクターになるには、現在日本ではヨガの国家資格はありません。 指導を始めることができれば、ヨガインストラクターとなります。
ですが、生徒に安全に効果的な指導を行うために必要な知識や指導法を学ぶことができるため、ヨガインストラクターを目指す多くの方がRYT200を取得しています。

「たくさんの方々にヨガを楽しんでもらいたい」「安全で効果的なヨガ指導を行いたい」 と思うヨガインストラクターと、それを求める生徒の皆さんを繋ぐ国家資格やヨガライセンスに変わるものが全米ヨガアライアンス認定RYT200・RYT500となっています。

その為、全米ヨガアライアンス認定のRYT200・RYT500は、世界70カ国ほどで通用する国際的なヨガ資格という認識が得られています。

 

RYT200とは200時間学んだ証明

RYTを取得するためにはRYS(Registered Yoga School=全米ヨガアライアンス認定校)が開講するヨガインストラクター養成講座を受講する必要があります。

ヨガインストラクターになりたいと思った時、調べていくとRYT200やRYT500というのがポピュラーな資格だということに気づかれたと思います。

RYTは、世界で最も有名で人気のあるヨガインストラクターの認定となります。

ヨガ資格、ヨガライセンスと呼ばれることもありますが、正式には200時間・500時間を学んだことを証明する認定です。

RYT200は200時間全米ヨガアライアンス認定校の提供するヨガインストラクター養成講座を受講したことを証明するものです。

RYT200より長く、そして深くヨガを学び幅広い知識を得てヨガを教えられるようになるため、RYT500が設けられています。RYT200が基礎、RYT500が上級という位置づけです。

すでにRYT200を取得している方は+300時間、まだヨガインストラクター養成講座を一度も受けたことが無い方は500時間を学び「RYTの上級資格取得に向けて頑張ってみたい」と思われる方が増えています。

 

RYT500とは500時間学んだ証明

RYT200と違い、RYT500には登録に必要な指導時間が設けられています。
RYT500の必須条件を見ていきましょう。

●受講に関わる条件
500時間のヨガインストラクター養成講座を一つの全米ヨガアライアンス認定校で修了していること。
あるいは
200時間のヨガインストラクター養成講座を200時間の全米ヨガアライアンス認定校で修了し、300時間のヨガインストラクター養成講座を同じ認定校、もしくは他の認定校で修了していること。500時間のトレーニングプログラムを500時間の認定校で修了していること。

●必要な指導時間
RYS 200 もしくは500のヨガインストラクター養成講座を修了後、最低100時間のヨガ指導経験

●必要な指導経験年数
規定なし

このように全米ヨガアライアンス認定校で500時間分のプログラムを修了すると、RYT 500として登録することができます。

500時間トレーニングは1つの認定校から提供されているヨガインストラクター養成講座、もしくは200時間の後に他の認定校で提供されている300時間トレーニングを修了した上で登録することが可能です。

基本的には300時間トレーニングは200時間のトレーニングを完了した人のみが受講できるシステムを取っているスクールが多いでしょう。

RYT500として登録するためには200時間、または500時間のヨガインストラクター養成講座を修了した後に100時間のティーチング時間が必要になります。

RYT500は先程の200時間に加えてさらに300時間積み上げ受講した方、もしくは最初から500時間を志し受講された方の証明をする上級資格です。

よく質問を受けますが、前述のとおりRYT200を受講した認定校でなくても追加の300時間を受講しRYT500の認定を受けることができます。

スクールによってはブリッジプログラムと呼ばれる講座を追加受講してからRYS300の講座に進む場合もあります。
その場合、300時間を受講するスクールの指導方法や方針に馴染むために基本事項を学ぶ時間になっていることが多いようです。RYT200を受講したスクール以外で学ぶ場合には大変有効な時間になり安心して300時間のヨガインストラクター養成講座に進めるはずです。

 

RYT500まとめ

全米ヨガアライアンス認定で、RYT500の取得が可能なヨガスクールであればどこででも受講できます。

RYT500
認定コースとは、全米ヨガアライアンス認定校で受けられる、500時間のヨガインストラクター養成講座のプログラムを指します。

RYT200認定ヨガインストラクター養成講座で受講する内容に加え、300時間のカリキュラムを受講し、知識や技術だけでなく精神性やヨガの奥深さを学び、人間性の高いヨガ指導者となるべく個々の内側にも向き合い、魅力を引き上げ、社会的にも活躍可能なヨガインストラクターを目指します。

RYT200の200時間分に積み上げる形で300時間分(RYS300)のカリキュラムを学びます。必須200時間の単位、選択100時間の単位を取得することになります。
RYT(Registered Yoga Teacher:登録ヨガティーチャー)というのは認定を受けたヨガインストラクターを指し、RYS(Registered Yoga School:全米ヨガアライアンス認定校)というのは認定を受けたスクールを指す称号です。

RYT500は全米ヨガアライアンス認定校RYS500もしくはRYS200&RYS300で500時間分のヨガインストラクター養成講座プログラムを受講したという証明

 

E-RYT200とE-RYT500とは

頭文字の「E」は「Experienced」、つまり「経験のある」という意味です。
E-RYT500を目指せば、資格取得後は、ヨガインストラクターを育成する指導者としてヨガインストラクター養成講座の担当もできるようになります。

 

RCYT・RPYTとは

全米ヨガアライアンス認定校で取得できるヨガ資格のうちRYTという表記の無い認定もあります。マタニティヨガの指導者資格である「RPYT」やキッズヨガの指導者資格である「RCYT」などです。
※RCYT=ヨガアライアンス認定キッズヨガインストラクター※RPYT=ヨガアライアンス認定マタニティヨガインストラクター

 

RYT300は正式名称ではない

稀に、RYT300という表記を見かけることがあるかと思いますが、全米ヨガアライアンスで正式に認められたものの中にRYT300という称号はありません。便宜上、もしくは正しい表記を理解せずRYT300と表記している場合があるようです。
RYS200で200時間(RYT200)認定講座とRYS300で300時間認定講座を修了すると、全米ヨガアライアンスにRYT500の申請ができ、認定されます。
またRYS500で500時間のトレーニング、RYS200・RYS300で500時間分トレーニングを一気に取得することも可能です。

 

RCYT/RPYTはRYT200やRYT500に組み入れ不可

RYT500コースは200時間+300時間の合計の資格のため、RYT200を組み入れてある講座を受講することが可能です。

RYS200・RYS300両方の認定を受けた全米ヨガアライアンス認定インストラクター養成校で講座を受講すれば自動的にRYT200・RYT500を取得することができます。

RPYTやRCYTについては、ヨガアライアンス本部はRYT500、RYT200に組み入れることを正式に認めておらず、現状では違反に当たると回答しています。

 

RYT500が必要な理由

2019年頃からヨガアライアンスの基準変更なども進められており、RYT500取得者の価値が高まっています。

例えば、採用の場面ではRYT200を取得している方が大半を占めています。RYT200取得については最低限の前程のように記載されていることも増えており、RYT500取得者へのニーズは高まっています。

採用の際のフィーの単価についても当然RYT500取得者の方が有利な条件が多いというのがヨガのお仕事についての現状でもあります。

またRYS200(RYT200認定を行えるヨガスクール)ではE-RYT500保持のヨガ指導者がヨガインストラクター養成講座を担当するよう規定が変化していく予定です。

このような状況下でRYT500取得が大変意味のあるものに変わってきています。
現代では、ヨガの一部を利用してダイエットや美容といった目的のヨガも人気がありますが、ヨガ愛好者が増え、やはりヨガの一部分ではなく本質を学び、練習し、ヨガ本来の魅力に興味を持って学ばれる方が増えています。

ヨガインストラクター養成講座のニーズとしても、ヨガの本質を理解し指導ができるヨガインストラクターが必要とされています。

現代でヨガインストラクターとして活躍する条件として、ヨガの本質への探究を怠らず、常にヨガを伝えるために努力を怠らないヨガインストラクターを生徒も求めていると言い換えることもできるでしょう。

学びの姿勢を整え、生徒のライフスタイルや生徒の心身にマッチした指導ができるような高いレベルのプロフェッショナルティーチャーが必要とされています。

アメリカではRYT500が10,000人を超えていますが、日本は500人も存在しません。(2022年現在)

日本では数年後にはRYT500も数倍となる可能性があると考えられています。
RYT200は初級のヨガインストラクター資格、RYT500は上級のヨガインストラクター資格として採用へのニーズがさらに広がる可能性があります。

 

RYT500を取得するためにRYT200が必要?

RYT500を目指す300時間のヨガインストラクター養成講座は、RYT200を取得する際と別の全米ヨガアライアンス認定校を選ぶことも可能です。

RYT500を目指す場合には、RYT200を取得した後で、さらに学びを深めたい方がRYT500インストラクター養成講座の300時間分を受講するのがポピュラーです。

その場合、RYT500の受講までにRYT200を取得している必要があります。受講の条件欄などを見ていただくと「RYT200修了した方」などと記載されているかと思います。

初心者でもRYT500を目指せる?

初めて全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター養成講座を受講する場合にも初心者からRYT500を目指せるヨガインストラクター養成講座もあります。

日本では、該当するヨガインストラクター養成専門スクールは多くありません。

短期集中のヨガ合宿で一気にRYT500まで目指せるのはエクロールヨガだけです。

 

RYT500を取得するとどうなる?

①ヨガの知識を深くすることができる

RYT200ヨガの知識を得て、ヨガの全体像を学び、追加の300時間学ぶことでさらに深い知識を得ることができます。
この過程の中で、RYT200の200時間で学んできたことをしっかりと腑に落ちる状態まで深めることができ、納得ができるレベルまで習得することができます。

RYT500
では、RYT200のコースでは学べない幅広いニーズに合わせた指導法やより深い専門的な内容について学ぶことができるため、自分自身のヨガを深め、指導に対する自信もつけることができます。

単純に200時間+300時間=500時間の長時間をヨガの学習に当てることによって、知識だけでなく経験豊富な指導者になれるのは明らかでしょう。

②ヨガの仕事での働き方の種類が増える

シークエンス作りやクラスの種類の幅が増えるため、ヨガインストラクターとして活躍できる場面が増えるのはもちろんですが、RYT500修了者という求人に対して応募可能になり、採用のチャンスが増加します。

RYT200だけの場合には一つの求人に多くのヨガインストラクターが応募するため採用の倍率も大変高くなっています。

RYT500を取得し、一歩先に進めると採用率が高まる傾向にあるでしょう。
日本ではRYT200だけでは就職が難しいような現状がありますが、RYT500の場合はニーズが高く、就職にも有利です。

③全米ヨガアライアンス認定校の講師も目指せる

全米ヨガアライアンスでは、順次基準の変更を考えており、段階的にRYSの基準を引き上げることを予定しています。

現在の全米ヨガアライアンス認定校ではRYT200ヨガインストラクター養成講座で指導することができる講師は「E-RYT200」保持者でも可能ですが、「E-RYT500」保持者でないとほとんどの単位を指導できないようにルール変更する予定です。

エクロールヨガでは、RYT200・RYT500ヨガインストラクター養成講座の担当講師チームの全員がE-RYT500保持者ですが、将来的にはそのようなスクールが増えていくと考えられます。

 

E-RYT500とは?

●受講に関わる条件
500時間のヨガインストラクター養成講座を一つの全米ヨガアライアンス認定校で修了していること。
あるいは
200時間のヨガインストラクター養成講座を200時間の全米ヨガアライアンス認定校で修了し、300時間のヨガインストラクター養成講座を同じ認定校、もしくは他の認定校で修了していること。

●必要な指導時間
RYS 200 もしくは500のヨガインストラクター養成講座を卒業後、最低2000時間のヨガ指導経験があること。そのうちの500時間はRYS300もしくはRYS500の講座修了後に行ったものであること。

●必要な指導経験年数
RYT200もしくはRYT500を修了後、4年間
全米ヨガアライアンス認定500時間ヨガインストラクター養成講座を修了し、200時間を終了してから最低4年間のヨガ指導経験を終えるとE-RYT 500として登録することができます。この500時間分のヨガインストラクター養成講座は、RYS200とRYS300を同じ認定校で受講する方法と、別の認定校で受講しRYT200に積み上げる形で300時間トレーニングと合算して申請することも可能です。

※2000時間のヨガ指導時間が必要になり、そのうちの最低1500時間は200または500時間のヨガインストラクター養成講座を修了した後に行われたものでなければなりません。
E-RYT 500に認定されると、200、300、500時間プログラムのリードトレーナーになることができます。
2022年12月現在で日本のRYT500保持者は490人と、ニーズに比べて大変少ない状態です。RYT200はヨガの基礎を学べるヨガインストラクター養成講座、RYT500はさらにヨガを深められる上級コースという認識が広がっています。

 

RYT200・RYT500の相場

日本国内だけでもヨガスクールによって様々な価格でRYT200・RYT500またRYS300が提供する300時間のヨガインストラクター養成講座が提供されています。

通学や合宿(ヨガリトリート)などの対面指導、またはオンライン、両者のミックススタイルでRYT200・RYT500資格を取得する方法が有りそれぞれの相場の金額も大きく違います。

【対面講座RYT200】
20万円~60万円
【対面講座RYT500】
300時間分:50万~80万円
500時間分:60万円~120万円 

【オンラインRYT200】
10万円~45万円
【オンラインRYT500】
300時間分:40万円~80万円
500時間分:60万円~100万円

【オンライン&合宿RYT200】
15万円~45万円
【オンライン&合宿RYT500】
300時間分:40万円~80万円
500時間分:60万円~100万円

格安な設定のスクールや早期割引やキャンペーンのあるスクールも存在しリーズナブルになっているため、とにかく費用を抑えたい方にもチャレンジできるタイミングと言えます。

例えばオンライン&合宿のシステムでRYT200を取得する際には、3泊4日で14万円、9泊10日で40万円など対面講座の日数でも大きく金額に差がでています。
もちろん金額だけでは決められないことなので、卒業生の方の紹介など、確実なクチコミを頼りにスクールを決定しても良いでしょう。

スクールにより、実績やカリキュラムの内容、運営年数、指導者の保有資格や指導経験、卒業生の活躍状況に違いがあります。

価格や受講期間に合わせてご自身に合った受講スタイルを選ぶ必要があります。

 

RYT500受講スタイルによる違いとは?

コロナ禍の対応で2023年は限定的な開催としてオンラインでの受講が認められているスクールがあります。

そのため、2023年中は、オンライン、対面、そのミックススタイルの3つから受講スタイルを選ぶことができます。

●オンライン
オンラインでの資格取得のメリットは、どこからでも全国のヨガスクールを選び受講することが可能で、離れていても最も気に入ったスクールでヨガ資格取得をできる点です。

地方に住んでいたり職場の近くに全米ヨガアライアンスのヨガ資格が取得できるヨガスクールがないという場合や、通いたいヨガスクールの受講日と自分のスケジュールを合わせるのが困難な方でも挑戦できるようになりました。

育児や家事、介護などで外に出ることが難しい、ペットを飼っているので家から出て合宿などに参加するのは難しいといった方にも問題なく受講できるようになっています。

リアルタイムでZOOMなどを利用してスケジュールを合わせるスタイルと、動画講座、ビデオ講座、もしくはeラーニングシステムを利用したスクールなど様々です。

eラーニングを利用したスクールは数えるほどしかありませんが、オンラインでもしっかり学びたい方にはオススメです。

●通学
通学スタイルでRYT500を学べる認定校も多くはありませんが一番ポピュラーです。その中でも、いつからでも入学出来て単位制で取得できるという便利なスクールもあります。

都内や主要都市であれば、該当スクールを見つけることができるかもしれません。このようなスクールでは対面指導とオンライン指導をミックスしながら受講できる場合も多く、オンライン分を割引で受講させてもらえるようなキャンペーンを行っているスクールもあります。

ポーズに関わる授業だけでも直接トレーナーから学びたいという方が多いかと思います。確かに、トレーナーに直接見てもらえる時間や同期と共に学べる時間はヨガの本質的な理解を深めることができます。

もし、ご近所にそのようなスクールがある方は、卒業後にも通いやすいため、リテイク(再受講)制度などがあれば更に安心です。

●合宿/ヨガリトリート
合宿でRYT500を取得できる認定校はとても少ないでしょう。

短期集中で一気に学びたい方、今までのライフスタイルをガラッと変えたい方、自分のことを見つめ、知り、活躍する方法を得たい方にはピッタリです。

今までRYT500を合宿で取得するには高額な費用がかかり、旅費もかさみました。ですが、今はオンラインと合宿を利用したヨガリトリートが人気です。
金額を抑えるだけでなく、短期集中といえども10日間以上の長いヨガリトリートの中でヨガの本質を深く学ぶことが可能です。

当校のRYT200/RYT500コースの中で人気コースは以下の2つです!
ぜひ詳細をご覧ください!!美しい離島、宮古島でお待ちしております。

沖縄宮古島10日間のヨガアートリトリートRYT200
沖縄宮古島12日間のヨガワーケーションRYT500

RYT500