癒しの離島でヨガ資格
 

ヨガインストラクター養成講座、ヨガ資格の必要性

ヨガインストラクターになるには、現在日本ではヨガの国家資格はありません。

指導を始めることができれば、ヨガインストラクターとなります。

では、その一歩先、あなたの目指すヨガインストラクターになるには…

「たくさんの方々にヨガを楽しんでもらいたい」「安全で効果的なヨガ指導を行いたい」

それには指導を開始するまでに学んでおきたいことがあります。
一つ一つのアーサナ(ポーズ)や呼吸法、コミュニケーション能力、ヨガの歴史や哲学、解剖学、心地よいレッスンプログラムの作り方、伝え方など、幅広い知識を備えている必要があります。

そしてヨガを携え仕事としていくなら、さらにもう一つ大切な何かが必要。

ヨガインストラクター養成講座では、その大切なことを学びます。

それは、【あなたを知ること】です。

あなたというツールの使い方、私たちと一緒に探しませんか?

養成講座中は、知らなかった自分の魅力に気づく時間です。

エクロールヨガのインストラクター養成講座では、誰にも負けないあなたの魅力、あなたの強みを知ってほしいのです。

ですから資格取得が一番の目標ではありませんが、その魅力の土台の上に資格があれば、今後のあなたを応援してくれるでしょう。

活躍できるヨガインストラクターへと転身しましょう。

アクロバティックな難しいポーズができること自体が大切なのではありません。身体が硬いから、と諦めないでください。私たちが応援します!

よくあるご質問:ヨガインストラクターについて

【よくあるご質問・ヨガインストラクターについて】

Q:ヨガインストラクターになる適正などはありますか?

Q:ヨガインストラクターの収入を教えてください。

Q:体が硬い人でもヨガインストラクターになれますか?

Q:ヨガ教室を開業するのは難しいですか?

Q:フリーのヨガインストラクターだけで生活は厳しいですか?

Q:全米ヨガアライアンスの資格を取得すると就職は有利ですか?

よくあるご質問はこちらへ

全米ヨガアライアンス認定校 RYS200

ECLOREYOGAは、アメリカのヨガライセンス発行非営利団体である「Yoga Alliance」(米国ヨガアライアンス協会)よりRegistered Yoga School (RYS)の認定を受けております。

 

エクロールヨガのヨガインストラクター養成講座は国際基準の審査を通過した質の高いヨガティーチャートレーニングです。

 

沖縄宮古島にあるエクロールヨガリトリートセンターではRYT200を18日間の合宿の間に短期取得することが可能です!

エクロールヨガRYT200参加者の声

今回、ECLOREYOGAのヨガインストラクター養成講座(沖縄宮古島校)に参加させて頂き、自分に大きな変化があったように思います。

申し込みや問い合わせの段階からとても丁寧に対応して頂き、先生方や宿泊施設の方々、現地でサポートして下さる方、もちろん養成講座のメンバーを含め、皆さんと一つの輪になれたような気がしました。そもそも私が実際にヨガを体験したのは、この養成講座に参加する数か月前で、ほとんど初心者というところからのスタートでした。そのため、悩んだこともありましたが、先生方がそのような面もしっかりと相談にのってくださり、安心して養成講座を終えることができました。また、沖縄宮古島校なので海に向かい砂浜にて、自然に囲まれた環境の中で波の音をバックにヨガをすることができ、大変貴重な体験をさせて頂いたように思います。

宿泊施設の方々・現地でサポートして下さる方にも応援して頂き、メンバーの絆の深さは言うまでもなく、全員一緒にテストに合格することができました。

一つの輪・人と人とのつながりの強さのようなものは書きあらわすことができないほどです。
そして、今回の養成講座は「自分自身を本当に見つめる」とても大きな経験となりました。
もしヨガ経験がなく迷われている方でも1歩踏み出されることを自信をもっておすすめします。新たな道が開かれるのではないかと思います。

今回、ECLOREYOGAのヨガインストラクター養成講座(沖縄宮古島校)に参加させて頂き、自分に大きな変化があったように思います。
申し込みや問い合わせの段階からとても丁寧に対応して頂き、先生方や宿泊施設の方々、現地でサポートして下さる方、もちろん養成講座のメンバーを含め、皆さんと一つの輪になれたような気がしました。そもそも私が実際にヨガを体験したのは、この養成講座に参加する数か月前で、ほとんど初心者というところからのスタートでした。そのため、悩んだこともありましたが、先生方がそのような面もしっかりと相談にのってくださり、安心して養成講座を終えることができました。また、沖縄宮古島校なので海に向かい砂浜にて、自然に囲まれた環境の中で波の音をバックにヨガをすることができ、大変貴重な体験をさせて頂いたように思います。
宿泊施設の方々・現地でサポートして下さる方にも応援して頂き、メンバーの絆の深さは言うまでもなく、全員一緒にテストに合格することができました。
一つの輪・人と人とのつながりの強さのようなものは書きあらわすことができないほどです。
そして、今回の養成講座は「自分自身を本当に見つめる」とても大きな経験となりました。
もしヨガ経験がなく迷われている方でも1歩踏み出されることを自信をもっておすすめします。新たな道が開かれるのではないかと思います。

ヨガ教室の作り方

ヨガ教室を開業するのは難しいですか?

「開業なんて夢の話だ」と考えている方も多いですが、卒業日に近づくにしたがってヨガ教室開業希望を強くされる方も少なくありません。講座後半の実習クラスで技術に自信をつけ、ヨガ教室開業が夢ではなく現実的な目標に変わっていくようです。 数あるヨガインストラクター養成専門学校やスクールの中で、本校の特徴と強みは、「プロとして活躍する」ことです。手に職を持ち独立するということは、テクニックだけでなく十分盛業できるだけの人間性と技術を身につけることも含まれております。

卒業後もフォローアップ講座等で常に応援し続けています。

全米ヨガアライアンス取得のメリット

全米ヨガアライアンスの資格を取得すると就職は有利ですか?

世界70カ国以上で認知された資格ですので、就職にも有利にはたらきます。国内外を問わず、ヨガインストラクターとして指導できる世界レベルを目指し、指導者としての自信をつける講座です。
就職先として、文化講座、大手ヨガスタジオ、スポーツクラブ、ご自宅サロンによるお教室を開かれる方もいらっしゃいます。あなたのやる気が未来を創ります。私たちは、そんなあなたをサポートしたいと思っています。

エクロールヨガ(ヨガアライアンスRYT200)入学までの流れ

 

1、養成講座お申込み

インターネット、郵送のどちらかお選びいただけます。
全米ヨガアライアンス認定インストラクター養成講座RYT200お申込み

2、 受付&講座受講費のお知らせが届きます。

ご入金を確認した時点でお席の確保となります。

3、 講座参加に必要な情報をご連絡いたします。

・ 課題図書について
・ トレーニングに必要なもの
・ 沖縄宮古島の情報
などをメールにてお伝え致します。

4、航空券のご準備

航空券は講座開始日を確認して手配してください。初日は16時から開始です。

5、宿泊施設の確保

お悩みの方は、スタジオ近隣のホテルやゲストハウス、民宿をご紹介しますのでご連絡ください。
期によっては「宿泊無料キャンペーン」を行っておりますのでご利用ください。(人数限定)

6、持ち物を準備

ヨガウェア(動きやすい服装)洗濯できますが数着あると便利です。
ヨガマット(養成講座期間中1500円でレンタル可。連絡要。)
ブロック2個
ストラップ1本
筆記用具(ノート、シャープペンシル、消しゴムなど)
私服
タオル
運動靴(ビーチや公園まで歩きます。)
日焼け止め・薬
保険証(病院にかかる場合)
蓋のできるカップ又は水筒(講座中お茶・お水などをご用意します。)
※近くにコンビニ・100円ショップ・スーパーがありますのである程度のものは購入できますが、必要と思われるものはご持参ください。(着替え・タオル・水着などの日用品)
スタジオ近くに郵便局・コンビニATM有り。

 

7、講座開始までの過ごし方

講座は朝早くから始まります。早寝早起きの習慣をつけ元気に18日間を過ごせるよう体力をつけましょう。
心配しすぎずリラックスして毎日を過ごしてください。
もし、不安なことがありましたら、いつでもメールやお電話をください。
宮古島の気温や講座の注意点など直前にお手紙でお知らせがご自宅に届きます。

NEW!卒業生の声(RYT200口コミ)

第4期インストラクター養成講座に参加させて頂きました。

最初は男性の受講者が一人だけという事で少し不安もありましたが、先生やスタッフの方々にサポートしていただき、あっという間に居心地の良い空間に変わりました。
養成講座を終えた直後は『自分が変わった』という感覚がありました。

自分の中の弱い部分が減り、心が穏やかになり、もっと広く物事をとらえられるようになった気がします。身体的にも柔軟性が上がり、ずっと悩みだった腰痛が治りました。
18日間で心身共に成長出来たと感じました。
しかし、少し時間がたった今。日々ヨガのプラクティスを続ける中で、感じるニュアンスが『自分は本来の自分に戻った』という感覚に変わりました。

自分が本来持っている潜在意識みたいなものが、少しずつ具現化出来てきたというような感覚です。ヨガを通して『本来の自分』というものが少し理解が出来て、自分が生きる道が真っ直ぐに見えてきた気がします。

先生方、一緒に受講した仲間、宮古島の海・空・空気、現地で出会った皆さん・・・
どれか一つかけても、今の自分は居ないと思います。

本当にたくさんの感謝の気持ちでいっぱいです。

全米ヨガアライアンス認定RYT200を取得する方法

全米ヨガアライアンス認定RYT200を取得する方法

全米ヨガアライアンスの認定資格は全米ヨガアライアンス認定校(RYS Registered Yoga School)にてヨガインストラクター養成講座を受講すると申請資格を得ることができます。

例えば「RYT200」を取るには、RYS200のヨガスクール(RYS200)で200時間のヨガプログラムを受講します。

RYT200の資格登録には指導経験を必要としません。そのためトRYS200のヨガプログラムを修了すると米国本部に認定を受けることが可能です。

全米ヨガアライアンスの認定を受けて登録されたヨガインストラクターはRYT200として米国本部のHPに名前等が掲載されます。

RYTとは認定登録されたヨガインストラクターのことです。

RYT200は200時間のヨガプログラムをRYSで受講した証明となります。

全米ヨガアライアンス認定の費用

申請料金:$45 | 年間登録料:$55 | 更新料金: $50 (2015年1月1日現在)
※1年に1回の更新が必要

申請方法は卒業時に丁寧にお伝えしますのでご安心ください。

NEW!卒業生の声(RYT200口コミ)

「内面からの美」と「リフレッシュ」を求めてたどり着いた”ヨガ”

 

数ある養成講座の中から「Ecrole Yoga」の宮古島校での養成講座を選んだのは、

宮古島の大自然の魅力と「Ecrole Yoga」のホームページから感じた温かさでした。

 

ヨガを始めて間もない自分がついていけるのかな・・・

18日間もほかの受講生とうまくやっていけるかな・・・

人前で話すの苦手だな・・・

色々と不安を抱えながら初日を迎えたのを思い出します。

 

最初の2~3日はその不安は拭いきれず・・・「やっぱり人前でヨガを教えるなんて私には無理だったかな」と思っていました。

しかし、綺麗な海と大自然に包まれた環境の中でのヨガは、私のそんなちっぽけな悩みもやさしく癒してくれました。

毎日目標を立て、その目標クリアのために実行に移すことで少しずつ自信がつく。

目標をクリアした自分自身を褒め、いたわる。

今まで生きてきた人生で、本当の意味で自分と向き合うことができ、その大切さを教えてもらいました。

講座中、10年に一度の大型台風の上陸という貴重な経験もできました(^^)

そのおかげで6期生は強い絆でつながっており、今でもいろんな悩みをシェアしながらお互いを高め合っています。

 

そして18日間支えてくれた美紅先生・三木社長・しおみ先生・まじパパ、日本全国にいる18人のクラ達、

地元で応援してくれた家族や仲間達への感謝の気持ちはこれからも大切にしていきたいと思います。

ありがとうございました。心から感謝しています。

 

何かにつまずいた時にはまたお邪魔させて頂きます^^

 

最高の季節に、最高の仲間たちと出会い、最高のロケーションでのヨガ三昧☆彡

「内面の美」「リフレッシュ」はもちろん、ヨガへのイメージをいい意味で覆された18日間でした。

そして、人生観が大きく変化した35歳の夏でした☆彡

NEW!卒業生の声(RYT200口コミ)

応募するときに54歳で海外在住の私が皆の足をひっぱらないでやっていけるだろうか、肉体的についていけるだろうかと不安がありました。

でも宮古島のきれいなビーチでヨガや瞑想が出来たり、先生の気さくさ、キュートさ、親切、丁寧な指導でそんな不安もいつの間にか消えていました。

そして同じ目標を持った仲間といっぱい泣いていっぱい笑って色んな事をシェア出来ました。

そしてそんな仲間と一緒に全員合格出来た事がとても嬉しかった。この講座に参加出来て本当に良かったと思いました。

美紅先生始め、三木さん、しおみさん、間島さん、仲間達に心から感謝しています。

ありがとうございました。

体が硬くてもヨガインストラクターになれますか?

エクロールヨガの考え方では可能です!
卒業生や実績から見ても体の硬いヨガインストラクターも活躍できています。
ヨガは体の柔らかさやアクロバティックなポーズを競い合うものではありません。

体の仕組みや原理を理解し練習を続けていくことができれば問題ありません。

逆に、体が硬くても初心者の気持ちを理解してくれるヨガインストラクターを望む生徒さんが多いのですが、体が硬いということで自信がなかったり、就職、開業する術を知らず一歩踏み込む方が少ないため、ニーズがあるのにその様なヨガインストラクターが足りない状況です。

ぜひ18日のヨガ講座で自信をつけてヨガインストラクターとしてデビューしていただきたいです。またヨガインストラクターは定年もなく長く続けていくことができる職業です。

ヨガインストラクターになるには?(仕事・就職・収入)

当校卒業後の進路について様々なケースをご紹介します。
卒業後は全米ヨガアライアンス資格の認定とエクロールヨガインストラクターへの登録が可能です。

スポーツクラブやヨガスタジオに就職する際のオーディションを受ける方やフリーのインストラクターで活躍される場合、ご自身の学んだ時間を証明する意味でも資格取得は有効です。
ヨガアライアンスRYT200は国際的に信頼のある資格であり、例えばRYT200でしたら200時間学んでこられた実績が明確になります。カリキュラムも厳しい審査を通過した国際レベルの信頼できるものです。

また、当校は就職率が非常に高いヨガスクールです。
例えば、仕事をしながら週末にヨガインストラクターとして働く方、家事や育児の合間にコミュニティ―などで指導される方などたくさんのケースがあります。
資格を取得しただけではやはり、すぐに沢山の生徒さんを持つヨガインストラクターになれるわけではありません。
地道に指導経験を積み、なおかつ卒業後も定期的に日々のヨガの学びが必要です。
ヨガインストラクターは増えてきていますが、その中でもご自身の強みを活かして活躍できるヨガインストラクターとして養成するエクロールヨガのシステムやカリキュラムは定評があります。

気になるヨガのお仕事についてですが、正社員としてインストラクターをするなら月収18万円くらいから。店長業務などを任されるようになれば数万円の手当がつくこともあるでしょう。時間給で決められたレッスンを担当する場合は集客力や技術によりフィーが変わる場合もあります。スポットで働く場合は1レッスンで2000円~7000円くらい。ご自身で教室を開いたり独立開業される場合生徒さんお一人につき500円~2000円、ご自身での設定となります。依頼に応じてクラス指導をしたり、出張指導をする方もいらっしゃいます。ライフスタイルに合わせて働けるのがヨガインストラクターという仕事の良さです。

ヨガアライアンスRYT200取得後の進路・ヨガの仕事、就職

エクロールヨガのトレーニングはハタヨガをベースに色々なスタイルを学びます。
カリキュラムには実際にヨガクラスを提供する練習時間も沢山取り入れています。
この経験はヨガスタジオ等での募集があった場合に応用が効き、チャンスの幅が広がると思います。
卒業後はご自身でヨガスタジオやスポーツクラブの応募を探してオーディションを受けるのが一般的です。
募集しているスタジオを探して就職する方、ご自身でヨガ教室を始められる方、プライベートレッスンや出張レッスンをしている卒業生もいます。
卒業後はご自身の努力で様々な道が開けるはずです。

卒業後の進路をご覧ください。本校卒業後の就職率はとても高いです。
約90%の先輩は就職し、残りの10%が自ら開業しヨガ教室を運営しています。また、就職した後平均3年程で開業するケースが多く就職を経た後での開業率とすると、50%程が開業していることになります。
就職者のほとんどが出身県にて開業されています。こうして全国にヨガインストラクターが増え、身近にヨガを学べる人が増えていくことは本校の願いです。

ヨガインストラクター資格 費用

■第8期受講費用:445,000円

■第9期受講費用:445,000円

【第9期早期割引】

2015年1月末までお申込み&ご入金で438,000円

※税込価格です。
※ 早割は、一括でお支払いいただく方のみ対象となります。
分割でお支払いいただく方は対象外となりますのでご了承ください。

下記のものは料金に含まれます。

  • 入学金(10万円をお申し込み時にお支払い)
  • 授業料
  • テスト代
  • 修了証
  • ECLORE YOGAのオリジナルテキスト・アーサナ集

 

下記は、プログラム料金には含まれません。ご注意ください。

  • 交通費
  • 宿泊費
  • 全米ヨガアライアンス協会RYT200の登録料
  • 学費お支払いの際にかかる銀行手数料
  • 課題図書代(約7,000円)
  • お食事代

お申込みはこちら

※宿泊先にお困りの方はご相談ください。近隣にはゲストハウス・民宿、洗濯乾燥機がお部屋に備え付けられた便利なビジネスホテルもございます。17泊分宿泊無料キャンペーンもご利用ください。

ヨガアライアンス認定RYT200カリキュラム《指導法編》

ヨガ指導法

ヨガの起源や歴史、解剖学、アーサナの効用などをまず多岐に渡り学んだ後はヨガの指導法を学んでいきます。
いよいよヨガインストラクターとしてのご自身のイメージが湧いてくると思います。
正しくアーサナを取りデモンストレーション、言葉での指導や、ポーズのアジャスト方法を繰り返し練習していきます。
プラーナヤーマや瞑想の指導法にも触れクラスづくりの幅を広げていきましょう。
エクロールヨガスクールでは、生徒さんに怪我をさせることなく安全にヨガを指導できるよう練習します。
まずはグループでシークエンスづくりの練習から。初心者の方も気負うことなくチャレンジできるでしょう。
そして少人数グループでフィードバックをし合ったりヨガクラスを洗練させる時間を沢山持ちます。
たくさんのニーズに応えられるヨガインストラクターになれるよう、学びと実践を積み重ねることが、あなたの自信に繋がるのです。

 

  • プラーナーヤーマ指導法
  • 瞑想指導法
  • 正しいアーサナ指導法
  • アライメントの整え方
  • インストラクション
  • 浄化法についての指導
  • プラーナーヤーマ、メディテーションを含むヨガクラス編成
  • クラスの構成
  • 45分クラス、60分クラス、75分クラスの作成
  • 対象レベル別のヨガクラス
  • 生徒さんのニーズに合わせたシークエンス
  • 目標となるアーサナにあわせてシークエンスを作る
  • クールダウン
  • ヨガ教室の空間づくり
  • ヨガインストラクターの声の大きさや説明
  • ヨガクラスの雰囲気づくり
  • デモンストレーション
  • コミュニケーションスキルを磨く
  • 様々なクラスの流れ
  • 自分自身のヨガプラクティスについて
  • ヨガを仕事にするには
  • ティーチングスタイル
  • 自分でヨガ教室を作るには
  • オーディション対策

ヨガアライアンス認定RYT200カリキュラム《解剖学編》

よく分かるヨガ解剖学・運動生理学

安全で効果的にアーサナを行うために解剖学を学びます。
解剖学理論に基づいた安全で正しいアーサナは怪我を防ぎ効果的な指導にはかかせません。
解剖学と聞くだけで、苦手だと思ってしまう方も多いと思いますがエクロールヨガスクールでは体感しながら講座を進めていくワークショップ形式になっていますので安心してください。10年以上インストラクターを続けて来られた受講生の方にも「大変分かり易く勉強になった。」と好評です。
ヨガ解剖学を理解する事でヨガプラクティスやヨガ指導の質が上がることは間違いありません。
どうぞ楽しみながら学びを深めてみてください。

  • アーサナの怪我の予防
  • 怪我の原因となる動き
  • 怪我の具体例
  • 基本の解剖学的動作
  • 筋肉、靭帯、腱、骨格、関節とは
  • アーサナ時に使われている筋肉
  • 交感神経、副交感神経とアーサナ
  • 呼吸の解剖学(胸腔、肺、横隔膜など)
  • エネルギー(チャクラ、プラーナ、ナーディー、バンダ)
  • 柔軟性を制限する原因と対処法
  • 痛みのしくみと解消法(肩こりなど)
  • ヨガアーサナへの応用
  • 美しい姿勢

ヨガアライアンス認定RYT200カリキュラム《歴史・哲学編》

歴史と哲学

学び、問い、追究を繰り返します。
講義の中では、哲学としてのヨガの考え方とその歴史についても触れています。今に集中し気づきを大切にし自ら感じ、考え、深めていく姿勢が必要になります。
教科書を学ぶだけでなく、18日間で日々体感してもらいたいと考えています。
人生をより良く歩みを進められること、苦しみから解放されること、喜びや幸せを本当の意味で感じられること、それぞれが感じる全てが答えで、押し付けられることは一つもありません。講座中に皆さんの感覚をシェアしていく時間を持ち、たくさんの価値観を知る学びの場になるでしょう。
今後の自分自身のバランスを取る助けにもなり、ヨガインストラクターとして指導に大きく役立ちます。

  • ヨガとは
  • ヨガから得られる気づき
  • 古典ヨガから現代ヨガ
  • インドの歴史
  • インド哲学の成り立ち
  • ハタヨガとは
  • ヨガの流派やスタイル
  • ヨーガスートラ
  • サーンキヤ哲学
  • ヨーガスートラより八支則
  • バガヴァッド・ギーター
  • カルマヨガ・ジニャーナヨガ・バクティヨガ
  • ウパニシャッド
  • 自分の内面に目を向ける、内観について
  • ハタヨガから学ぶバランスの大切さ
  • 自分のヨガ、伝えていきたいヨガについて
  • ヨガを生き方にするとは
  • ヨガ指導者としての倫理やマナー

ヨガアライアンス認定RYT200カリキュラム《アーサナ編》

Asana アーサナ

アーサナの練習は、安全に丁寧に行っています。

忙しい社会の中で毎日を過ごしていますが、ヨガは心身のバランスを整え健康で美しくいられるために役立つツールでもあります。
自分自身を知り、気づき、成長させるためにヨガを生活に取り入れましょう。
ヨガのプラクティスと、自分についての探求のために、古典から現代全てのヨガを学んでいきます。
現代の私たち、そしてご自身の生徒さんにマッチしたアーサナを指導できる実力をつけて帰ってほしいと考えています。

  • アーサナ(立位、側屈、前屈、後屈、逆転、ツイスト、バランスポーズ)
  • プロップスの使い方
  • アーサナの練習方法
  • アーサナの修正法
  • 心身の個性とアーサナについて
  • ヒーリング効果
  • アーサナの指導方法
  • クラスの作り方、アーサナの組み立て、バリエーション
  • ストレッチ、準備運動、自主練習について
  • シークエンスの組み立て方
  • ヴィンヤサの組み立て方
  • 太陽礼拝の練習と指導法、インストラクション
  • エネルギーの流れ
  • アーサナの力の流れ
  • アーサナのアジャスト(調整法)
  • ヨガスートラにおけるアーサナについて
  • アーサナの基本原則
  • 生徒さんの柔軟性を高める方法